広島優勝でクローズアップ「中條かな子」とは!?

ニュース

広島優勝でクローズアップ「中條かな子」とは!?

1988年に「ロッテ CMアイドルは君だ!コンテスト」に出場。1991年に中條かな子(なかじょうかなこ)として芸能界デビュー。桜っ子クラブさくら組の創立メンバーでもあった。当時はアーティストハウス・ピラミッド[2]に所属し、グラビアを中心にアイドルとして活躍。学園祭の女王[3]の異名をとった。その後も女優、歌手、パーソナリティーとして幅広く活躍したが、1996年に広島東洋カープの緒方孝市(当時、外野手)と結婚し、翌春限りでひとまず芸能界を引退。その後、広島を中心にタレント活動を再開。家庭生活と両立させながら現在も活動中。
1997年7月31日に第1子(長女)、1999年7月19日に第2子(次女)、2006年3月19日に第3子(長男)を出産し、3児の母となる。
婚約発表の記者会見では、記者の「お子様は何人位、欲しいですか」の問いに「二人とも子供が大好きなので、腰の骨が砕けるまで生みたいと思います」と発言。
趣味の油絵は、2012年3月の第88回白日会展に入選するほどの腕前

出典 http://ja.wikipedia.org

グラドル時代の映像です。懐かしいですねー

twitterの反応も当時をなつかしむものが多い!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ